2012年03月29日

きょうのわんこ

_DSC4074.jpg

ぐっどな陽気。春近し。
綺麗なわんこが耳に包帯してた。
なんだろなーっておもって写真を撮ってたら、
飼い主さんが来て大慌て。

お耳は「立つ」ようにするための手術の跡らしい。

へぇ。。。

飼い主さんの方をじーーーーっとみてレンズを観てくれなかったんだけど、
まだ10ヶ月なんだって。

飼い主さんもかっこよくてびっくりした。
一日テンションあがったよ。
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

なんじゃこりゃああ

_DSC4050.jpg

双葉のインターでいつもかってるコーヒー。
コーヒールンバに乗せて煎れてるとこが見えるアレだ。

いつもみたく、本当にライブなのかなぁ、なんて画面を見てた。
スプリングが蓋を閉める様がいつもおもしろい。

と、おもってたら、
出来上がってきたときびっくり。
なんだこりゃ。
蓋の上にプラスチックのおまけ。

ああああ、なるほど。これは。。。

_DSC4051.jpg

ふたのあなふさぎ!
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

せれんでぃっく王の店「在来屋」

_DSC4031.jpg

並木通りの新しい五平餅屋さん「在来屋」。
こじんまりしたスタンドで、片手で握ったみたいな一口サイズの五平餅が個性的。
つぶ感が残った香ばしいクルミだれがおいしくて、
小さいからタレとお米の割合がリッチ。
小さいけれど、すごくいい感じの五平餅だ。

一本からもかえるけど、そーゆーゆーきはなくて、
蔵長とたべようかなと、10本所望。

そしたら、いかにも福々しいご面相のご主人が楽しそうに包装し始めた。
包装紙は新聞。しかも、海外の人が日本を知るために読むような新聞。

_DSC4025.jpg

ええ〜、おもしろいかも!

「御幣餅食べてる間がたのしいかなとおもって」

と、ご主人。
手際良くくるくるとつつんでくれると、最後は輪ゴムで。

_DSC4027.jpg

しかも、輪ゴムになんかついてますよ??

「これはね、次回ご来店のサービス券みたいなものです。
 色々あたるから楽しみにしててください。」

ひえええええ。

どこからきたの?って聞かれて東京からというと
「これも、よかったらおあがりて」
と、おみかんまでもらってしまった。
なななななななな(あ▼あ;)

たいそう上品なとこで、しかもそんなに商売っけなくてやっていけるのか!?
緊急雇用???(あ▼あ;)

よけいな憶測色々はさておき、
あったかくて上品で、御店主の人柄が最大のごちそうだ。
いいとこの学校の日曜バザーみたいな雰囲気が素敵なので、
ときどきおしゃべりがてら行ってみたいお店。
おこさまたちもぜひ。

街に素敵な大人。
お行儀に精を出す若者と、揺らぎをコントロールできる大人。
いい具合の当たり前を、当たり前の様に体得できる人達。
飯田をちゃんとみてると、武道やダンスの必修で先生悩まなくてすむよ。

_DSC4064.jpg

新聞紙を開いたら「sou-層(layer)」と書かれてパフェの絵。
かわいらしさにほっこり。
セレンディピティーの楽しみをこれでもかと盛ってくれる。
彼はきっとセレンディックの王様だ。


蔵長のお店が休みだったので、結局10本ぺろり。
全部並べても、新野のグレイト五平餅の大きさにならないくらいの量で、
普通にたべきれちゃった。

くじはね、大吉で5本無料だった。。。

ううううう、頼むから金取ってくれ(あ▼あ;)
まいりましたっまいりましたぁあああああああ!!!!!
m(__)m



posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

おしょうゆできた。

_DSC4493.jpg

去年から続いてる、下伊那でまいて下伊那でそだった大豆「つぶほまれ」を下伊那で加工した、
下伊那の下伊那による下伊那のための「南信州シリーズ」第二弾、
「松岡屋醸造さんの「地大豆醤油」と、「地大豆柚子醤油」」が、でびゅーした。
下伊那のためのというのは、下伊那限定販売とはちょっとちがう。
自分達の大切な人達のためにって気持ちを込めたって言う意味だ。
というか、下伊那自体がそう言う地域。


480年の老舗。の。アミノ酸とかいろいろをつかわない「無調味すっぴん」のお醤油だ。
昔ながらの生のお醤油の洗練されたおあじぶりを、ぜひあじわってくださり。
豆を刈るとこから、ずーーーっとおっかけて見てたので、もう親戚。
超親戚くらい愛しいお醤油。

最近はこのラベルのはんこを手押しするという、王様みたいな仕事をしています。
(あ▼あ;)おさしみのうえにたんぽぽをのっけるような。。。以下略

_DSC4521.jpg

こんなかんじで。

_DSC4515.jpg

柚子醤油の紙帽子のはんこの色決め。
こうしてならぶと、色々あっても綺麗だな。かわいい。

柚子醤油は、これまた新しいお味。
ぽんずとはまったくちがうの。
しぼっただけの柚子と地大豆醤油だけでできとります。

お申し込みはFAXがべんりです

松岡屋醸造場
FAX0265-53-0764

/地大豆醤油 500ml \1050(税込み)
/地大豆柚子醤油 160ml \600(税込み)

が、名称です。
ご希望のお品をそれぞれ何本ってかいていただいてファックスすると、
折り返し送料込みのお振込額が帰ってきます。

一つの家族が全て手作業。
いろいろ、優しくお願い致します!


ちなみに初回にしぼった物は若いお味がするの。
同じもろみを5月くらいに又しぼる頃には、もっと練れたお味になってくるから、
今と、使い切る頃もう一本お買い上げくださると、お味の違いもおもしろいかも?

で、あります。
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

りんごいろのりんごのえだ。

_DSC2538.jpg

バスから、飯田インターの周辺のリンゴの木を見た。
そしたら、枝が赤かった。

すごいな。

posted by つぐみ at 15:00| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

ゆのはな?

_DSC2407.jpg

かわいい、化石みたいな、お花を発見。
美しい気で出来たお風呂のそこで。

ほんとは花じゃないんだ。
ダイダイのへたなんだそう。
季節のお湯で沈めてたダイダイから外れたものなんだそうなんだけど、
よく見ると、こちらも、ダイダイを割ったみたいな形で、
なんだかかわいいなぁと、拾ってみた。

昼神は、桂月さんの、お風呂にて。
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

神様のごほうび

_DSC2467.jpg

つぐみさんはオムライスを食べたくな〜る

つぐみさんはおむらいすをたべたくな〜る

という謎のメールがTESSINさんから届いて、
16時に食べたパスタの事も頭をよぎったけど、
つられた。

TESSINの究極のオムライス。

テーブルに現れた時から「ぷんぷんにふくれた金色の幸せ」が立ち上っていて、
こいつはやばいなぁ、と、どきどきした。
はしっこからスプーンを入れてもライスに届かないオムライスは産まれて初めてだ。

金色のふあっふあの掛け布団に、滋味豊かなケチャップの毛布に、
野性味あるお出汁で炊かれた、くちむちのお米。
ねむるキジ。

甘くほろ苦の本気の大人のドミグラス。

これは、これは。。。。

これは、オムライスの高級旅館や〜!!!

くそー。
くやしくて

「ほりほりはつぐに炭酸をくれたくなる〜」

と、打った。

ほりほりシェフは研究熱心だ。
ジビエやら何やら、ちょっとハードル高い物に熱心だ。
ドライエイジングの牛の眠っている噂も耳にしている。ほんとか?
多分、飯田で一番美しい「食の研究所」だな、TESSINは。

びんぼーしてるので有名な私だけど、
これが高い物食べた贅沢な話じゃないんだよ。

究極のオムライス980円。
ワイン(赤)と合わせて是非召し上がれ。

飯田の最高の素材に技で応えた逸品。

今月一杯!!
posted by つぐみ at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。