2008年12月19日

Wall-eをみた。

あぁあ。
いつものようにおまけのムービーがついていて、そのすごさも相変わらず。

2008年は、デジタルの「位置」の配置がおわった年のようだった。
「これはすごい!」
と、飛びついた人が、あぁ、でもやっぱ手書き最高!みたいな。

ポニョも。そしてWall-eも。
でもWall-eはピクサー自体がデジタルで生まれてデジタルで育っているせいなのか、16ビットの愛らしさを表現の歴史にかわいく加えていた。
もう、いろんなことが出来るよ。でも、これが基本。
エンディングは、そんな感じだった。

おもしろかった。

posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチも年末に見てきました。
予備知識何にも無く見たので、最初のおまけムービーの存在にびっくりしました(^_^;。

本編の方は、とっても誰かと手をつなぎたくなる映画ですね。

細かいネタもいろいろあって、最後まで飽きずに見ることが出来ました。
エンディングのドッツもかわいかったです(^_^;。
Posted by お魚ちゃん at 2009年01月02日 09:33
でしょー。
見てからびっくりして欲しいことが山盛りなので、感想らしい感想はかけないんだけど、お魚ちゃんもうまく伝えてくれてありがとう。
そうそう。こまかなネタ(め▽め)よくできてるぅ!

ウォーリーにもイブにも、人生の中でどっちにもなることがあると思うんだけど、よくできてるよなー。シグサというか何というか。

今年は断然007待ちっす!
あぁ、早くみたい・・・。>お魚ちゃん
Posted by つぐみ at 2009年01月02日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。