2006年01月07日

「24」4thこんぷりーと!

あぁあああ。こればっかりはまだの人のためにやっぱし感想を書けない。
でも、やっぱりきっちり観て欲しい逸品でござった。4は結構静かな出足で、なんとなく次から次へとは見ていけなかったんだけど、後半はがーーーっといきましたね。

24って凄い不思議。都市伝説めいた全てをまず肯定するところから娯楽としての糖衣を完成させて、実際の少々地見目な滋味は見終わる頃胸に残っていたりする。画面は派手だけど、ジェンダーやら家族やらコンプレックスやら、わりかしNHKドラマな雰囲気が漂っている。
TVドラマで良かったな。映画だと通うの大変だった。

にしても、のわーーーーーーっさみしいっ!!4はさみしいよぉおおお!!!後半はひたすら喪失感の連続。何だかやな緊張感にしめつけられるのだ。懐かしいガンダムの「アニメじゃない!」感をぐぐっとおしつけてくる。私はのんきな日本人なのでそちらの国の罰は勘弁して下さいって思いながらも、なんだか罪悪感やらいろいろにさらされて、最後なんだか妙に涙が止まらなかったっす。24はジャックバウワーのヒーローものでは、ないんですな。じゃ、何かって言われると、旨く言えないんだけど。
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11446797
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。