2006年01月25日

品川エキュートの「シターラ」その2

フルーティーで大変上品な繊細なお味のカレーが食べられる、のだけど、ちょっと何かもの足らないエキュートのインドカレー屋さんシターラ。
駅ビルの店舗だしあまり期待は出来ないけど、なんて、勝手に思いながら今日は思い切って「辛くできますか?」と聞いてみた。そしたら「えぇ、どうぞ」だったのである。
「かなり辛めで」
っていってみたら店員さん何食わぬ顔で頷いて奥へ。あれ??いいんだ。
出てきたカレーは希望どうり。少々迫力がでていいお味となりました。辛いの大好き!
楽しみ方は色々あると思うけれど、白いお米やナンも良いけれど、ビリヤニというマトン入りの炊き込みご飯とかにかけても美味しくいただけます。
カスタムに希望を見いだした今日のシターラなのでした。
(ただ、セットのものでないと少々お高い印象は否めないわ(;;))
posted by つぐみ at 01:15| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つぐみさんは、辛党なんですか。

辛いの苦手な私にはとっては「辛口で!」なんて口が裂けてもいえないなぁ。
カレーでいうなれば「星の王子様」以上は食べれへんし。
 そもそも、辛党の人は激辛料理の何所に魅せられ食するのか。辛いだけなのに。う〜ん。
やはり、その辛さに惹かれるのか。

自問自答すいません。
Posted by 万次郎 at 2006年01月25日 15:43
 品川駅も随分様変わりしたんですよね。といっても去年くらいに一回行ってますが。
 3,4年くらい前までは仕事の関係でかなり頻繁に東口に行ってたのですが、ここんとこ頻度はかなり減ってます。でも仕事(開発)が終わった後の品川の方が俄然楽しそうなんですよね〜。
 乗換えで品川は通るから今度の週末にでもここでカレー食べてみようかな。ちなみに俺は辛いものは大の苦手ですが大好きです(なんだそりゃ)。
Posted by 水野劍 at 2006年01月26日 00:14
h党→辛党 すいませぬ


Posted by 万次郎 at 2006年01月26日 01:02
カレー・・・ だめだ食べたくなって
汗かいてきた ^^;

つぐみさんのサバイバルな毎日にお供したい
sei-1でした。

連絡くれれば サバイバルについて行くぞ〜
(~へ~;)うへぇ
Posted by sei-1 at 2006年01月26日 10:09
辛党であります。辛党が何を楽しみに唐辛子をどっぷりいただくのか。
実はこれ、「dancyu」なる素敵な食のご本にヒントがありました。唐辛子の乾燥する前ってピーマンみたいに肉厚なんですよね。ちょっと辛いよりも、どっぷり浸かってしまえば、唐辛子からも「野菜のおだし」がでるんです。辛党は辛いほど美味しいような気がしてますが、痛みの向こうのとうがらしの「だし」に実は魅せられています。まれに、痛いほど良いって言う、口内炎いじりたい側の方もいらっしゃいますが・・・。>万次郎

辛いもの苦手だけど好きって場合は、もしかすると、猫舌だけどあつあつなものが好きってのににてるかも??シターラは標準はあまり辛く無いどころか、むしろ素材のフルーティーな甘口カレーです。ちょっと量が物足りないかもですね。>水野劍

アタシのサバイバルは、自転車であっぷあっぷもありますが、もう少々能力不足の内面的なあっぷあっぷもおおくて・・・。でもいつかお散歩走行会やりたいなぁ、なんて思ってます。さ、みんな、退屈に耐える準備は良い??(笑)>sei-1
Posted by つぐみ at 2006年01月27日 01:33
お散歩会 賛成!!

内面ですか?
僕は限り無く へたれです 爆w
こんな僕が監督で よくクラブが動いてるなって
自分でも不思議だもん ^^;

では まったね ^^b
Posted by sei-1 at 2006年01月27日 09:13
なんかそれって、マラソンの「苦しみを超えた快楽」的感覚と似ているのかもしれませんね。

おかげで、長年の謎が少しは解けました。ありがとうございます。

しかしまぁ、我が母の凶料理「獅子唐と唐辛子の盛り合わせ」には、幾ら辛党でもたじろぐかもしれない。その前に、あれは料理と言えるか問題なのだが・・・。








 
Posted by 万次郎 at 2006年01月28日 02:03
なになになにそれっ????
シシトウと唐辛子の盛り合わせ??
万次郎の辛党への疑惑を投げかけているのは母万次郎なのね!!みたいっ、その、香辛料の瓶のような料理名は一体どんなものなのかしらっ!!
是非レシピを公開して下さい!!
スパイスに体を焼かれて汗をかく感動は・・・スポーツです☆
Posted by つぐみ at 2006年01月28日 11:49
 間がわるい気もしますがシターラにいってきました。
 俺はつぐみさんの言う通り舌とそれ以上に中耳の耐久性が低くてすぐ耳が痛くなってしまうのですが、辛さの中の「おいしさ」を求めてつい辛いものにいってしまう(といっても本当の辛党の足元にも及ばないレベルの辛さですが)性分です。

 でも、シターラのカレーはなるほどカレー風味のスープという感じでホッとする一方ちょっと辛さが恋しくなったかな?そんなひねくれ者の俺ですがおいしかったのは確かです。 
 個人的には甘くない野菜入りのヨーグルトが気になったな…家でもやってみたいなと。それにしてもシターラはなんておしゃれな駅構内なんだろう…
Posted by 水野劍 at 2006年01月28日 21:37
おう!何となく贅沢なお味するでしょ?野菜入りヨーグルトは「ライタ」ってゆうの。MTB選手にもそんなお名前のチャンプがいましたね〜。
あれ、男の子には賛否両論なんだけど私は好き!
最初に食べたのは赤坂の「モティ」http://r.gnavi.co.jp/g247000/
でした。
何か異様に体に良さそげなイメージが・・・。
辛いとお耳痛くなるの?>水野劍
Posted by つぐみ at 2006年01月30日 01:14
 レシピといわれても、少し困惑します。

しし唐、唐辛子(薬味用ではなく、形態が崩れてないもの)を皿に均等になる様に盛っただけのものです。

これを食べた翌日、体調不良を起こした上に、舌が痙攣を起こしました。(俺だけですけどね)

ですから、試すはずないと思いますが、やめておいた方がいいでしょう。
 
Posted by 万次郎 at 2006年01月30日 14:13
 子供の頃に中耳炎という、鼓膜の内側の炎症に何度かかかったことがあって耳の中は痛くなりやすいんですよ。
 口と鼻と耳の中ってのは繋がっているので一番弱い所が打撃を受けやすいという訳です。これから花粉症が出てくるとやっぱり耳の中が痛くなるし…
 ちなみに俺はライタ結構アリだと思いますよ。名前もいいじゃないですか(^^
Posted by 水野劍 at 2006年01月30日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12227764
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。