2011年12月25日

merry xmas

2011xmas.jpg

たいへんな2011でした。

人にはそれぞれ向いた生き方があるよなぁって。そんな実感の年。
そして人には惑星の自転公転みたいに、互いの引力と距離がある。

誰もが大切で、誰もが必要で。

ようは、なんか、もっと人って活きて行けるもんなんじゃないの?っつゆ、
そんなコトについてじーーーーーーっと考えた年。
やる気をお互いに高め合ったり、たまにはドンッと豊かな者に委ねたり、
人生の緩急の考え方も、自分の中じゃ今はそんなふう。

阪神淡路以来、世の中の外っかわにいて、色々見てきたけれど、
何かあっても強い国の形を飯田に見て、
今年はまた、ぐぐっと見惚れていた年でした。

心の両手にハンマーとのこぎり。
右手にマイク首からカメラ。
左手の真っ白な台本に降ってくる全てを読み上げながら。
そんな毎日を見守ってくださってありがとう。
本当にありがとう。

ディーゼルエンジンみたいにうるさくて黒煙上げて、
機嫌がいいと、花をぶちまいて。

余裕ができるまでこんな感じですが、
どうかどうかどうかどうか、来年も宜しくお願い致します。

誰もがどうして必要なのか。
風から桶にいく話を、こんどしてあげるね。

I wish your Merry Xmas.
posted by つぐみ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京在住ですが、帰省しました。今年も楽しく拝見していましたよ。これは吾妻ラウンドアバウト(通称ロータリー)ですね。

私よりずっと飯田にくわしいこのブログ、来年も楽しみにします。
Posted by 帰省中 at 2011年12月30日 09:21
おお!
飯田に御帰省ですか。それは素敵。
「お年取り」をされるんですね。

そうです。
ある日の美しい美しいロータリーを撮ったんですが、
うまいこととれてるかしら(め_め;)

少しずつ少しずつ、とても不思議な順序で、あれこれ教わります。
それが人に関わらず。こんな体験は初めて。
それは、飯田の全てが「生き物」だからなんだと思います。
いやー。
私の好奇心よりも強い何かにひっぱられてますわ。ほんと。
何かを確かめよう確かめようとするたびに、
ひらりひらりと次の指令がくるので、
なんか、かぐや姫と話をしているみたいです。

来年もきっとたくさんお邪魔致します。
どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m>帰省中の東京人
Posted by つぐみ at 2011年12月30日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。