2006年09月24日

「オールアバウトマイマザー」

ペドロ・アルモドバル監督の作品。「トークトゥハー」からこの監督のファン。いつも役者と役が、もうその人なんじゃないかと言うぐらいあう。つまり、私の身近な人でそういう人がそういう顔をしてそこにいる、っていう体験をする。
私にとってリアルに思える感情表現がそこにはたくさんある。見ていてほっとする心のサプリだ。

って、毎回書いてるかも。
この「オールアバウトマイマザー」も、よかった。
女性って目指すものなのね〜。そして預かるもので見届けるもの。
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。