2012年03月08日

神様のごほうび

_DSC2467.jpg

つぐみさんはオムライスを食べたくな〜る

つぐみさんはおむらいすをたべたくな〜る

という謎のメールがTESSINさんから届いて、
16時に食べたパスタの事も頭をよぎったけど、
つられた。

TESSINの究極のオムライス。

テーブルに現れた時から「ぷんぷんにふくれた金色の幸せ」が立ち上っていて、
こいつはやばいなぁ、と、どきどきした。
はしっこからスプーンを入れてもライスに届かないオムライスは産まれて初めてだ。

金色のふあっふあの掛け布団に、滋味豊かなケチャップの毛布に、
野性味あるお出汁で炊かれた、くちむちのお米。
ねむるキジ。

甘くほろ苦の本気の大人のドミグラス。

これは、これは。。。。

これは、オムライスの高級旅館や〜!!!

くそー。
くやしくて

「ほりほりはつぐに炭酸をくれたくなる〜」

と、打った。

ほりほりシェフは研究熱心だ。
ジビエやら何やら、ちょっとハードル高い物に熱心だ。
ドライエイジングの牛の眠っている噂も耳にしている。ほんとか?
多分、飯田で一番美しい「食の研究所」だな、TESSINは。

びんぼーしてるので有名な私だけど、
これが高い物食べた贅沢な話じゃないんだよ。

究極のオムライス980円。
ワイン(赤)と合わせて是非召し上がれ。

飯田の最高の素材に技で応えた逸品。

今月一杯!!
posted by つぐみ at 11:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。