2012年04月05日

朝イチは朝市、宵宮の朝!

カメラが調子悪くて、ほとんど満足に写真を残せてないんだけど、
感謝の言葉たっぷりの朝市のおはなし。

_DSC5104.jpg
ししまいこのマネージャーが今回高級すぎる件
人口分の○人という希少性でも、その作品の面白い事もあわせて、
「ほぼ国宝(輪島が国なら、国家職人!)」のかばさん。
「今回はマネージャーだと思って何でも言ってください。。。」
と、何から何まで全ての時間お世話になった方。

ううう(あ▼あ;)緊張で固まりそう!


ちなみに、このスーツ姿はエージェントモードではありません。
ちょっとファンシーな息子さん「ことらちゃん」の入学式仕様です。
ご一緒するとよけい、かっこいいわけで、私いいときに来たなぁ。。。

さて今回は頼まれ物があって、お使いモードのししまいこは、
頼まれもの、「塩と蒸しアワビ」をゲット。
アワビの高価なのは聞いてはいたけど、
一撃でお財布がほぼ空になってしまったので、
ぶつぶつ交換を試してみる事にする。

そういえば、九州のある地域には「かえんかえ〜」と声を上げながら、
どんどん持ち物をトレードして行くお祭りがある。
おまつりmeetsおまつり、だ。

しかし、輪島のお母さんたちは「剛の者」だ。
果たしてそんな遊びが許されるのか!!!(あ▼あ;)
がんばれ、ちび獅子よ!

_DSC5108.jpg

去年ちょいとお魚さばくとこをみせてくれたお母さんにいきなり遭遇。
去年はありがとうね、というと、お母さん嬉しそうな声を上げた。
「あ!あたしの携帯とおんなじ!!」
_DSC5109.jpg
あ、ほんとだ。
お母さんの屋台は、生の魚と一夜干し。
「今日は何があるの?」
ときいたら、
「きょうは、ふぐしかないね」
と、言った。
ご〜〜〜〜じゃす。
とはいえ、ふぐを無事にはつれて帰れそうにないので、交換断念。
_DSC5112.jpg

おつぎはお塩。
「輪島のお塩は美味しいお塩だってたのまれちゃったのよ〜」
なんて話しかけたら「いろいろ(サイズが)あるよ」と勧めてくれた。
「でも、アワビでお金が消えちゃったから、これとかえてくれん?」
と一番小さなのを指差して聞いたら、
「あらかわいい!いいよ、交換しよう」
と、言ってくれた、で、一個じゃなくて大きいのを二つも包んでくれた。
だぁああああすみません、そんなにもらってはいけません〜〜(;;)
と、半分はお金を出してかおうとしたけど、受け取ってくれなかった。

いいお土産になります、ありがとうm(__)m

_DSC5116.jpg

「ここは、幹事長のくつやさんですよ」
加波さんが教えてくれたのが、ここ。たたみくつてん。
たたみなのか、くつなのか、ふしぎな名前なんだけど、
そのたたみも、お屋敷の「畳」じゃなくて、「多田見」さん。
うろこみたいな千枚田のみえるばしょっぽい。
幹事長はもう準備で文化会館にいかれたみたいだ。
お母さんが教えてくれた。

実はししまいこが神事用の「ぞうり」を探しているというので、
加波さんが寄ってくださったんだけど、残念ながら、ここにはなかった。
「らめらめキティーも惹かれますけどね」
と、ししまいこ。それはらめぇ!!(あ◆あ;)

_DSC5120.jpg

腐らない物と交換しないと、で、ここでは、またたびの枝。
「猫用」
ですよね。猫、あげてみよう。去年買ったのは客席にあげちゃったから。
で、しっぽみたいにまがったまたたびをゆびさして、
お獅子と交換して?とやると、おかあさん、「いいよ」と、あっさり。
ありがとう。m(__)m

ぶつぶつ交換は続く。おこわをげっと。
家庭の、ごく家庭の味の、おばあちゃんに炊いてもらうようなおこわ。
これが、おいしいんだ。塩気が大胆。
輪島はお餅にはお塩をよくし込むそうだ。
おもちでも、焼いてそのまま食べられるほど。
海の国のお味。

くるくると、交換したり交渉したり、断られたり、喜んでくれたり。
塩辛を半額にしてと言ったら、
「いややぁ、こんな縁起ものもろたんだし、もってって」
と、2パック。おいしい塩辛でした。ありがとう。

「ししまいこ」をおぼえてくれてたりすると、ちび獅子どうぞ、なんてのも。

_DSC5124.jpg

ここでは、とうがらし。器用に編まれた唐辛子を、こうかんしてもらった。

すれちがったお客のお父さんが
「おお、去年もきてたね」
と、私に言ってくれたので、私もお父さんに、
「今日は何を買ったの?」
と、尋ねたら、
「がらくた」
と、笑った。
うん。私もまたたびをふったよ。
ええんな。ほんとに。
実用だろうが何だろうが、お金は「会話」だ。
輪島の朝市と言う一つのテーマロードに、
お母さんたちは毎朝大切なキャストとしてそこにいる。
かけがえの無い存在感を保つのに、売買の対象は、
何も、お魚そのものでなくていい。
いい会話が出来たら、会話分の何かでもいいよ。
ね。お父さん。

_DSC5149.jpg

このおかあさんは、交渉になった。そしたら
「一盛りのお金とお獅子で二盛りあげる」
と、椎茸をゲットした。海の国のお醤油であぶってたべよう。

_DSC5128.jpg

ここは「かどっこ」。
加波さんのお母様がお店番をされていた「輪島塗」のお店。
「おお!加波さんのお作もこちらにありますか?」
と、きいたら、お母様
「ここにはないですねぇ。。。笑」
あ(め■め;)そうなの?
お母様からはおはしと、綺麗な小さな輪島塗のストラップを頂いた。
ありがとうm(__)m


スーパーサイヤ人のいるTシャツ屋さんは、ことしも元気だった。
「草履を探しているけど奥のおみせに無いかな」
と、声をかけたら、わらじならあるかも!とサイヤ人さんが見に行ってくれた。
それと、塩サイダーを買って去年のコーヒーのお礼にお獅子をあげた。
すると「ぞうりがみつかるかもなら、わらじはそのあとにしたら?」と、
ありがたい助言。そうさせてもらおう。
オリジナルペイントの素敵なTシャツ屋さん今度ゆっくり来るね。

_DSC5129.jpg

いよいよ草履に出会う。
奥が下駄屋さんで軒先がお店。
「下駄屋さんは今留守しててねぇ、よくわかんないんだけど」
と、手前にいたお母さんが、草履を出してくれた。
「宮司さんなんかもはいてるのが、これよ」
と、白い鼻緒。
よくわからない割には、勝手知ったるで、諭吉を奥に連れて行って、
おつりを手慣れた感じで出してきてくれた。
店主不在なら交換は無理だなと思ってたら、
木の入ったのがすこし高くなっていて、それを、加波さんが
「ぷれぜんとしますよ」
と、買ってくださった。ありがとうm(__)m

すこし行くと私のもっているお獅子を欲しいと言う人が現れた。

_DSC5130.jpg

「お花を買ってあげる」
お客さんがお花を買ってくれて、お獅子と交換してくれた。
わぁ。ありがとう。

_DSC5132.jpg

自転車の足をペダルにおいたまま静止してると一瞬びっくりするけど、三輪車。
おはよう。おはよう。

三角巾をかぶったお母さんが
「ちょっと、おさしみと、ヘルシーあるわよ」
と、私たちを誘った。
おさしみはいいよ?へるしーってなによ?
ついてった先には朝市酒場。
_DSC5140.jpg
朝一番の酒場ですよ(あ▼あ;)やん。てんごく?
かうんたーをみると、
_DSC5133.jpg
串?
_DSC5137.jpg
あ、これか。おさしみ串とお野菜をまいた「ヘルシー」(め■め;)

とりあえず、いただいてみることに。
_DSC5141.jpg

へいおまち。

_DSC5142.jpg

「お醤油、地元のでいいですか?」
おお、もちろん。
たこ焼きの船形みたいなうえに、角のたった見るからに新鮮なお刺身。
の、串。
_DSC5146.jpg
「お醤油選べるんですよ。」
あ、ほんとだ。カウンターにサクラ醤油と、キッコーマン。
和紙と上質紙みたいな、テクスチャーが醤油にはある。
「これ、春だからサクラ醤油?」
と、きいてみたら
「ええ、あきには紅葉醤油に!」
と、粋がよろしいようで。。。(あ▼あ;)

おさしみくしは、、、ゲキウマです。
お野菜まいたのも、まいたお野菜が新鮮で、しゃきしゃき。
朝市内の広場の新しい取り組み。
どうぞ、県外の方、市街の方、遊びにきてね。
お互いに、遊ぼう。こういう、素朴な仕掛けを。

_DSC5147.jpg

朝市は面白い場所。
でも、おかあさんたち、お年もとる。
どうする?こんな場所楽しいよ?
どうする?どうするのかな?
顔をつやつやさせた「意識の高い人」じゃ出せない、
あわやかな味わいを、つぎたしつぎたし護って行く事、
ねぇ。
どこにいこう。ねぇ。
ジョアをかった。
重いリヤカーを引いているのと定価があるだろうと思って、
交換はせず、一匹あげたら、後から追っかけてきてくれて、
ヤクルトを二本くれた。
ありがとう。

切ない思いとこの上なく楽しかった会話を思って、朝市をあとにする。

夕べのあられと風と雷の嵐で出そろうのがゆっくりだった朝市も、
私たちが後にする頃にはフルオープン。
おかあさんたち、いつもありがとう。
お客さん沢山きます様に。しゃんしゃん。

欲しい物があっても無くてもよって、買って、笑ってね。

私についてくださった加波さんがひそひそ言われてた(あ▼あ;)
そりゃそうだよな。
一流の塗師さんが、なにゆえ、荷物を持ってくれているのかと。


posted by つぐみ at 08:00| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えぇ〜じぇんとるまん。
エージェントかばです。
お疲れ様でした。
いただいたお土産、口にする事なく消えておりました(⌒-⌒; )
また、お土産じゃなく!じゃなかった
輪島におかし下さいじゃなかった、
起こし下さい。
Posted by かば at 2012年04月10日 18:56
おおお!かばさま!
その節はししまいこがお世話になりました!
そうですか、しゅんさつでしたか( ̄▽ ̄;)
数はかなり詰めといたんですけどね〜(笑)

今度こそ奥地にはいるように慎重に!いや、お口に!>かばさん
Posted by つぐみ at 2012年04月13日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。