2007年01月09日

ちょいと訂正

バイシクル21というご本で対談をさせていただいた。
本を作ってらっしゃるのはとても真摯で暖かくて前向きで素敵な人たち。私みたいなパッケージが糖衣がけでないといまいち手が出ない向きには、ちょっと渋い作りのご本なので(というかあまり書店で見かけない)、こんなご本があるんだぁと、意外だった良誌!

あまりに良い空気が流れていて、いつもの「お原稿を確認させてください」手順をはぶいてしまったのでちょっとドキドキしたんだけど、内容も誠実に起こされていて、すごく嬉しかった。

で、でもね、一カ所だけ訂正させてください。
私が「(レース界において)スター不在だと思う」と言っている下りがあるんですが、これは、そうはいっていなくて、その場のみなさんが「スターが待たれるよね」というお話しをされていて、私が「スターがなくても、みんなが主人公だし、見る側が感じる物だと思う」というお話しをしてたんです。

ここは結構重要で、私は基本的にはレース自体に興味があまり無くて、そこを走る「人間」や「キャラ」に興味があって、その対象は「強い人」だけじゃないってこと。
自分の気になる人がスターであって、強かったりそういうことだけじゃなくて、その人のスターな部分を見つけて書いたりする。

多分便宜上私にその台詞が回ってきたのかなって思うけど、そこだけは譲れない大事な視点だ。これ、ここにかくかどうか悩んだんだ。もうそれ以外は本当に誠実に起こされている。考える方向やそういうのの相性が良いんだと思う。記事を書いてくださった人に、どう失礼無く伝えるか悩むほど。

でもね、硬派でまじめで、本当に素敵なご本。是非自転車町内会に入ったと思って定期購読を!!
なんか、そういうご本なのよ。あったかでまじめな感じがほっとします
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。