2009年07月23日

蕎楽亭のカレーうどんったら・・・

udon.jpg
神楽坂にお昼を食べに行った。
この季節毎日毎食カレーでもいい私。
カレーはカレーでもカレーうどんのほうに行ってみようかなと、
おそば屋さんの話題で色々検索していたとき引っかかった、
「蕎楽亭(きょうらくてい)」にお邪魔してみた。

一口すすって思ったね。

あぁ・・・私史上最高( ̄▽ ̄)ノシ

おうどんは手打ちの、角の立ったしなやかつるり麺。
どんっとういた、プジョーみたいな白いのはバター。
お出汁のあまがらいのが少し透けて味わえるとろみを避けたスープは、さらり。
そんななかでも素材の溶けた粒子もほどよく感じて。

たっぷりのカレー出汁を飲みきったらお腹いっぱい。
ちょうど今はほうずき市。
神楽坂の店店にさがるホオズキかごと、その下にぶらさがる風鈴。

おっとりとした時間は、どくとくだなぁ・・・。

posted by つぐみ at 23:33| 東京 ☁| Comment(7) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

大人のお菓子。恍惚の30秒!

souffle.jpg←大人の、お菓子。

至福の味、スフレ。ル・スフレのスフレ。
ぷんっと焼き上がったど真ん中に、
ティースプーンで丸い穴をすくって、一口目。

ぷわんぷわんの玉子の香りときつね色の味に、まずやられる!

そして、しぼまないうちに、ホイップとお酒のソースを、
その穴に落とし込みつつ、
一気に、味わいつつ、それでも、一気に。

出てくるまで15分待つのに、出てきたらほんの30秒。

それでも、ソースのお酒が素敵な余韻。

ほわん。

心も体も、暖まるのだ。とても贅沢に。
posted by つぐみ at 20:28| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

そうですね・・・かなり。

karinto.jpg
自分用の佐渡土産「手造りかりんと」です。
「かたいです」と書いてあります。
まぢで堅いです。堅すぎます。

手作り、でなく、手造り、ですもの。
なんだか建材っぽい堅さっす。

どか食い防止には良いです。素朴で美味しいし。
歯を欠かさないようにお気をつけて!

posted by つぐみ at 17:10| 東京 ☀| Comment(5) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

ミディアミディのパン。

midi.jpg

あぁ、久しぶりの衝撃。
がたがたの肩に鍼をぷすぷすやって、その帰り。日本橋三越にお昼によったとき、出会っちゃいました。

ミディアミディのぱん。

無垢材で出来たみたいな、生まれたてのお顔は、粒ぞろいで素朴な器量よし。ぱっと見、種類がそんなにないみたいなんだけど、どっこい、あれこれ。

メープルとチョコとラムレーズンチーズの入ったパンを買った。
もぉおおおお、何とも言えないふくふくしたお味にやられます。超絶甘いとかじゃなくて大人のバランス。生地もクリームも、どちらもしっかりとした味わい。チョコも普通にチョコじゃなくてきちんとなじみよく仕立ててあるので、是非お試しを。

パン、好き。自分でも焼くの。
新しいパンやさんができるとがんがん買いに走った日もありました。出尽くしたと思うと新しいお味。小麦と卵とミルクとお砂糖の世界は魔法の世界だ!!
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

火を、食べる

やづかちゃんと話す。
弟君の陶芸釜でピザやこうよっていったら、
「油飛んでめんどくさいからだめ」
もう実験済みだった。

んじゃ、ピザ用のかま創ろうよ。っていったら、
「火力つけるのに大きさ結構いるんだよ。400度で5分とかだもん」
へぇ・・・。

関内の「ししりや」で食べたピザ、おいしかったなぁ。。
ねじりはちまきの職人がかまの前で汗をかいていた。
見た感じはたこ焼きを焼いてる風。でも、ピザ。ナポリなピザ。
むちっとした皮の裏にはヒョウみたいな細かな黒い焦げ模様。
皮の表には、火にあぶられて軽く泡だったきつね色の焦げ。
熱々の間にと口に放り込んでるうちに、お皿からあっという間に消えてしまう。

横浜な風景だと思うのだけど、Uの字のカウンターに老若男女目白押しでみんながピザを楽しそうに食べている。
「日常食」になれる味には、いろんな種類の人が来る。
ライオンも子猫も鳥も猿も。オアシスな味は魔法の味。
posted by つぐみ at 03:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

「仙台下駄屋」TOKIA店にいらっしゃい

osushi.jpg

おすしやさんのちょっとした素敵は大将と若い人たちの小さな上下と、あれを、これを、のやりとり。(まれに時価との緊張感)かしらん。
後は、カロリーをコントロールしやすいっちゃしやすいし、しかしながらお酒が進むと言えなくもなく・・・。いやいや。

丸の内のTOKIA(最近ようやくタクシーでは東京ビルという名前で知れてきた)は、入れている飲食店のセンスが素敵で、よくいきます。
ほとんどVIRONかインディアンカレーなんだけど。

ここの地下一階の「仙台下駄や」というお店がツボにはまり、新たなまいぶーむになってます。
一言で言うなら、台本無き橋田ワールド東京エディション。
人をくすぐるのが、くすぐられるのが好きな人にはたまりません。
カウンターに座って、小さなジャブをくらったら返してあげてください。このほのぼのとしたやりとりができていると、何かつらいことがあったとき、きっと大切なサプリメントの一つに変わります。
ネタバレしてもつまらないので、会話の内容は書かずにおくね!

posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

黄金の唐辛子

golden.jpg
↑金色の封を破ったらなんと中も黄色い!!黄金って、あぁ、そうかぁ。

辛党なのである。
で、日本一辛い唐辛子と書いてある一味唐辛子をげっちゅ。
味幸の「黄金一味」。普通の唐辛子の10倍辛いんですって。
で、楽しみに牛丼にかけてみたら、・・・辛いかな?あ、からいか。唇がひりっとする感じ。なんだかはんなりと香りのような辛みがします。美味!美味!!
細かくひきすぎてるのかなぁ、辛党にはちょい物足りないのかな、いや、辛さと言うよりおもしろい部分が辛い感じ。説明うまく出来ん。
辛い、あ、辛いわ。今からいかも。
いててててってことじゃないんだけどね。
ご注意は食べ物のそばでそっとふること!
胡椒でくしゃみが出る感じが分かります。香りが辛い。

いや、風流なお味ですよ。ハラペーニョとかプリッキーヌとかハバネロとかとも又違う。辛党の方お試しを!

posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

横浜ラーメン博物館

すごく昔いったとこ。「横浜ラーメン博物館」
入ってるお店もちょっとかわってて、で、やっぱり凝った作りがいい感じで。規模とかやっぱりうまくて、いつも適度な賑わい感があります。
携帯をロッカーに入れちゃってたのでお写真がないの。

今回はお客さんが結構並んでた2店。結構個性が強いところ。

続きを読む
posted by つぐみ at 00:54| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

たなばた

koori.jpg

織り姫と彦星が、年に一度のデート。
遠距離にもほどがあるわい〜。

写真は和菓子。氷を割ったような、そんな風情の見目涼しいおかしです。これ、大好き。和菓子屋さんによっていろんな名前がついてます。
「おとぎばなしの王子でも昔はとても食〜べられない♪」と、アイスクリームのお歌があったけど、氷だってそう。
冬にできたものを氷室で夏にもたせる。お殿様の贅沢を映し込んだ粋なお菓子です。「水無月」というのも、そう。氷を模した三角に魔除けの小豆。夏を越すための「夏越」のお菓子。(こっちは6月にたべるんだけど、確か)
posted by つぐみ at 23:00| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

なつかしおやつ

fukiyose.jpg

↑今日のおやつ「ふきよせ」

川の隅に吹き寄せられた葉っぱやらいろいろみたいに、小さくていろんな形をした焼き菓子がさらさら入ってる。
おさとう、生姜、ごま、まっちゃ。いろんな味と感触がたのしくて手が止まらない。
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

品川エキュートの「シターラ」その2

フルーティーで大変上品な繊細なお味のカレーが食べられる、のだけど、ちょっと何かもの足らないエキュートのインドカレー屋さんシターラ。
駅ビルの店舗だしあまり期待は出来ないけど、なんて、勝手に思いながら今日は思い切って「辛くできますか?」と聞いてみた。そしたら「えぇ、どうぞ」だったのである。
「かなり辛めで」
っていってみたら店員さん何食わぬ顔で頷いて奥へ。あれ??いいんだ。
出てきたカレーは希望どうり。少々迫力がでていいお味となりました。辛いの大好き!
楽しみ方は色々あると思うけれど、白いお米やナンも良いけれど、ビリヤニというマトン入りの炊き込みご飯とかにかけても美味しくいただけます。
カスタムに希望を見いだした今日のシターラなのでした。
(ただ、セットのものでないと少々お高い印象は否めないわ(;;))
posted by つぐみ at 01:15| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

99%カカオ!!!

リンツの99%カカオのチョコレートを買った。70%位から舌を慣らした上でお召し上がり下さいと書いてある。
普段紙巻きの商品、これは紙箱で装丁してあって、中も銀紙でなくカレーのルーの中パックみたいなのの薄いものが使ってある。濃そうだなぁ・・・。
カカオが血管を広げてくれるらしいと言うことをTVでやっていて、ミルクや何かで薄くなってない、カカオ成分の高いものが良いらしいと言うことで、一見はやりそうなんだけど。
さーーーーてお味なのであるが、凄いぞ。
続きを読む
posted by つぐみ at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

三田ハウス1F「コートドール」

ここ、美味しいです。もう仕方ないので味以外のことをかこう。味も書きたいんだけど。
一見クラッシックなフレンチなのである。場所も又マンションの1Fと言う不思議さ。堅苦しくはないけれど超上品で、少々緊張する。なんだろう、大正時代ぐらいから有りそうなお金持ちの避暑地の別荘マンションの良いレストランが今もあるっていう雰囲気。(長い例えだな。)ベルベットよりはリネンの空間。
続きを読む
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

PAULションソ・オ・ポンム

雨ですな。台風が去るまで雨なのかしら。
昔苦手だったアップルパイのおいしさがここ数年ようやくわかってきたんだけど、PAULのパンはさらにその上を行きます。
パイの表面がグラスがけでつやつやしているものなんてお子様アポーパイよ!・・・とまでは言わないけど、PAULのアップルパイの表面は砂糖がけです。そんな極甘な・・・。しかしこのお砂糖必要だから振ってあるのです。つまり、中のリンゴフィリング、これがかなり酸っぱい!例えるなら梅ジャム。もしこの酸味が買った翌日食べたせいなら今頃私はこの世をさよならしている頃ですが、そういうものみたい。
あぁあ。この甘酸っぱさ。きゅーんです。ほんっとにきゅーーーん!ざらついたお砂糖を上唇に求めながら、このすっぱいをも少しっも少しって言ってる間におわっちゃいます。皮とフィリングのバランスもばっちし。ぜひお試しを!
posted by つぐみ at 22:26| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

エキュート品川「シターラダイナー」&「チャウダーズ」

カレー好きなもので。シターラダイナーに行ってきました。いやはや、こぎれいこぎれい。
駅のカウンターカレーとは全く別の趣。センスの良いお店です。ナンは若干薄目、ライスはインド米(タイ米より長い)。
いつもならキングフィッシャーとかマハラジャとかインドビールに行くんだけど、たまたまグラスワインの赤を頂いたら、これが結構美味しいワインで驚いた。グラスワインって言うとあんまり期待してなかったんだけど。
カレーはね、超上品。全体的にフルーティーな繊細なルー。辛みも塩気も強くなく、軽やかなライスと相まってあっさりと食べ切っちゃう。ワインに合うかも。でも、ルーの量がナンやライスとのセットだと少ないので、きちんと頼む方が良いかな。
でも、そのせいでエキュートもう一軒「チャウダーズ」のスープにも足を伸ばした。岩のりときのこのスープとブロッコリーチェダー。全体的にアメリカン。グラタンとかホワイトソースとか好きな人向け。リゾットスタイルなら「ご飯を沈めて」食べられるので、クリームタイプはまさにリゾット。和風コンソメ味ならお茶漬け感覚で食べられます。
スープストックトーキョーの方がビビッドな素材感があって一品一品お味がきちんとちがいますな。お好きずきで。カウンターカレーと言えば
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

月桂樹のチュロ

西麻布デュバンハッシシに久しぶりにご飯に行く。フレンチ。
気さくな雰囲気だけれど、お皿の上は華麗な景色といいお味。メニューを見ると秋らしくサンマや栗なんかの素材もある。フレンチを食べたいと言うよりこの季節って何が美味しいのかな、な感覚で行くと良いかも。友人達とやデートにも暖かな雰囲気が最高。
ここはとにかく「スプーン一杯の幸せ」という一皿からはじめませう。これはぜひぜひ一度ご賞味を。たたいたオクラの上にかにとうに。それにきらきらした金色のコンソメゼリーをふるっとかぶせた、とかく感動の「ひとさじ」なのだ。

何でもとかく美味しいのだけど今日驚いたのは食後酒「月桂樹のチュロ」。レモンやゆずを漬けてらしたのを頂いたことはあったんだけど、一見青汁風のその飲み物はチュロ界の新星!松を思わせる固い葉っぱの青みの味と、これまでレモンチュロに感じてた「どろ甘さ」が全くなくすっきり。渋みを味わわせる軽い甘味が、「効きそう」な良い気持ちよさなの。いやー、いってみたらぜひおたずねして!

後は締めにいただいた「ポルチーニのリゾット」。生のポルチーニを生まれて初めて食べたんだけど、ソテーしてもらったのをのせてもらったら、もーえもいわれぬ快感が・・・。
歯触りはしゃくしゃくしてて、菌糸と菌糸の間に大量に抱き込まれたキノコ自体が持っている水分が甘いのね。そして香りは十分なんだけどその水分がきのこくさくない。ひゃぁあ。このきのこ少々お値段するわそりゃ。

秋は芸術も食欲も一緒くたなこんなご飯にも良い季節。
二人で行って一品一品シェアしてもらうと良いですよ。美しく盛られてでてきます。2倍お手間かかってるかも〜。とにかくネクタイのいらない良いフレンチです。一皿一皿にかかる手間と食材を思うと非常にお安いのも魅力。
でもでもうかり今日も食べ過ぎら〜・・・(T_T)
今日ご一緒した方(フランス在住経験有り)はワインリストに感動してました。
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

TOFU CRACKERS

スターバックスのアイスソイラテを注文。ついでにレジにある「トーフクラッカー」なるものにも手を出した。これね、お豆腐屋さんにも、別名でたまにあります。
初めて買ったんだけど、きなこ揚げパンのかりかりしたみたいな感じでうまうま!!ストレス解消にいいかも。私のかりかりリストに一品計上っ!
注:「かりかりリスト」何か噛みたいときにつまむもの。ウナギの骨、七味の種、じゃがりこ、チーズおかき、笹の葉あられ等々
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

品達5軒目「蔵六」

汁物好きの友人と二人、今日は「蔵六」。
暖かくなって品達のお店も、オープンカフェみたいにあけっぱなにしているところが増えてきた。蔵六はそんななか、戸口以外はあけずにいつもの感じ。そのせいでお店にはいると、ものすごく香ばしい、いい匂いが満ちていた。いい匂いなんである。
豚骨ラーメンのお店とスターバックスは実はちょっとくさい。双方飲み食いは問題なくおいしいんだけど。

頂いたのは塩と醤油。少し小さめのラーメンのおはちに目を引くのは「メンマ」。真四角の厚みのあるタイルのような形に柔らかく炊いてある。あ〜メンマって「竹」なのよね〜、と思わせる。
まずはお塩。お魚のおだしの強い「いいお味」は、さらにとろりと獣のスープで寄せられていて、魚でありながらもラーメンの厚みを持っている。美味。机の上の粗挽き胡椒も、ラーメン屋さんにはなかなかないんだけど、この粗挽き胡椒がものすごくよくあう。小さなおはちは「全部食べきってね」ってかんじ。
醤油はさらに濃厚だ。でも、醤油の個性がこんっと匂うと言うことはない。しょうがのせいだ。ちょっとほうっとした酔っぱらいの濃く醤油。こちらも、胡椒か、七味もおいしいかな。
のっかってるとろ肉は、すこし「焼き」の香ばしさを感じる。山頭火のトロ肉は蒸したような煮たトロ肉だったから、これも、個性なんだね、きっと。

品達、今は結構すいてます。どのお店もそれぞれにおいしいから、是非一軒ずつ!
posted by つぐみ at 23:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

プレッツェル味のクロワッサン

ディーンアンドデルーカにあるクロワッサンにすごいのがある。プレッツェル味のクロワッサン。見た目はふとっちょのプレッツェル色。てっぺんにぽろぽろっと岩塩を落としてある。
これがねー、んまぁいの!!ただ、もうちょいお塩少なくてもいいかな。4粒くらい。このお塩が生地の甘さを引き立てる!はさむならうすーくきったマンゴーかな。
おおざっぱな層の重なりがかえってしっとりと生地を薫らせます。かぁるく暖めて。

カイザーのクロワッサンもあって、こちらは美技!!一つ包丁でど真ん中をわってみて。もう一枚一枚が綺麗な層に。サクッとしてバターのふんわりと薫る感触の王様。甘いカフェオレの恋人だ。

今日はナレーション収録。
とても長い文章で、読みながら頭が眠くなった。まずいって思って休憩を頂いたとき、チョコレートを食べたら元に戻った。あれ?これもハンガーノックの一種かな。
最近お仕事の合間に食べるのはガルボとヴァームゼリー。
posted by つぐみ at 23:29| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

スーパーでご本。

スパイスにはまっているのだ。
一昨年くらいからはまっているスープカレーの激辛具合を自宅でも試したくてうずうずしているのだ。最近ひょんな事からベースになるスープが何か見えてきたので、後の問題はそこに乗せる辛みなんである。

で、本屋さんにスパイスの本を探しに行ったんだけど、それでも良いものが無くて今日はあきらめた。ところが帰りにスーパーに寄ったらスパイスのコーナーに黄色い本が。「日曜日の遊び方ースパイス名人宣言」が、それ。手に取ると一冊しかないので、もしかしてディスプレイ専用かな、とは思ったものの一応かごへ。文字とイラストだけで、私の好きな写真集みたいなレシピブックではないんだけど、文章が専門家のそれよりももうすこし素人より、例えば、趣味で何かを極めちゃった人みたいな、ちょいわくわく気味な感じで好感を持てた。

日曜日の遊び方。いいことばだ。日曜日を遊ぼう。
で、スパイスだ。面白そうだ。
posted by つぐみ at 22:58| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。